南野陽子、夫はIT社長でも離婚秒読みって?子供はいる?画像は?

スポンサーリンク

南野陽子さんは数々のドラマに出演していた人気女優さんですよね。たくさんの男性ファンから熱い支持を受けていました。

 

そんな南野さんは2011年3月3日に結婚をしていますが、離婚の二文字が噂されているようです。二人の間に子供さんはいるのでしょうか?

 

今回、
・南野陽子、プロフィール
・旦那はIT社長?離婚間近と言われる原因は?
・子供はいる?

 

それでは参りましょう・・・。

 

スポンサーリンク

南野陽子、プロフィール

74941_201004020989572001270188241c

南野 陽子(みなみの ようこ)
生年月日:1967年6月23日
年齢:48歳
出生地:兵庫県伊丹市
身長:161.8 cm
血液型:B型
職業:女優、タレント、歌手
ジャンル:テレビドラマ、映画、舞台
活動期間:1984年 –
配偶者:既婚(2011年 – )
事務所:ケイダッシュ

引用:wikipedia-南野陽子

 

旦那はIT社長?離婚間近と言われる原因は?

755974e8511b8e4d40e07e106d2a1070_953

 

 

2010年9月から南野さんは結婚をした旦那さまと交際をスタートしているのですが、2011年3月3日に結婚をした際には『ひな祭り婚』と世間からも祝福を受けていました。

 

当時はIT社長とセレブ婚と言われて大きな話題になり、結婚指輪は1000万円以上するというハリー・ウィンストン!!

 

『幸せな結婚ができて良かったね』と誰もが思ったことでしょう。

 

旦那様に関しては一般男性と言うことで公表はされていませんが、人材派遣会社『マリオネット』の社長・金田充史さんだと言われています。

 

 

で、問題はここから。

 

人材派遣会社『マリオネット』という会社の実態はないのだそうです。

 

つまり、旦那さんは働いていなくて収入がない…ってこと!?

 

しかも、金田さんは知人との間に4億8千万もの金銭トラブルを抱えていて、その後には別の女性からも、勝手にカードを使われて『金田さんから290万円の返済がされていない』と告発されています。

 

次々と明るみになる金銭トラブルだけでなく、女性問題も取り沙汰されています。

 

金田さんは銀座にある高級クラブの美人ママを愛人に持っていて、そのママが妊娠をすると金田さんは手放しで喜び、現在は身重の美人ママをサポートしているのだとか。

 

すでに産休に入っているのだそうで、噂では済まないレベルにまで来ています。

 

南野さんと離婚をしないのは、クリニックの開業費用やさまざまな借金を南野さんに立て変えてもらっているためだと言われているようです。

 

 

ちなみに、1000万円したハリー・ウィンストンの指輪は南野さん自身が購入したもので、指輪代を含めた全ての返済が済めば離婚をするのではと言われています。

 

周りはそんな状況を見て『離婚するのでは…?』と囁いていますが、南野さん自身は金田さんを信じて未だに支え続けているのだとか…。

 

南野さん周辺からは『痛々しい』と言われているようでした。

 

 

子供はいる?

67654_200907130295932001247465294c

 

野さんと金田さんの間には子供はいないようです。

 

だからこそ、愛人が妊娠をした際に手放しで喜んだのではないでしょうか。

 

妊娠を告げられた金田さんが『子供を産んでほしい』と愛人に懇願してるところを周りから見られています。

 

実は愛人であるクラブのママが妊娠する前から『南野とはいずれ離婚する』『君と再婚したいから、先に子供を作らないか?』と言ってママを口説いていたと言う話もあるようです。

 

…これはもしかすると、南野さんが離婚をするというより、離婚をされる側になってしまうかもしれませんね。

 

 

まとめ

南野陽子さんの結婚についてや子供についてしらべてみました。

 

男運が悪いと言われ、結婚前から何かと金銭トラブルに巻き込まれてきた南野さん。

 

やっと手にした幸せに南野さんの周りの人も一安心したのですが、事態は思わぬ方向に動いているようです。

 

金田さんを信じる南野さん…。これ以上傷付いてほしくないなと思ってしまうのは、きっと私ではないはず…。

 

 

ということで、
南野陽子、夫はIT社長でも離婚秒読みって?子供はいる?画像は?でした。

 

最後に気になる動画もどーぞ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

サブコンテンツ

このサイトの価格!

このページの先頭へ