ヒロミ、三村との共演NGはエジプトでのロケが原因。その番組名は?~2~

スポンサーリンク

前の記事からの続き。(ちょっと長くなりそうだったので、2つにわけちゃいました^^;)

 

 

「共演NGになった理由」を紹介したので、次は和解の経緯は?ってことでしたね~。

 

 

三村さんの暴露の後、千原ジュニアさんが「ヒロミさん、呼びます?」とまさに粋な計らいを見せてくれるのです。

 

 

 

 

突然の共演!?

続き。2:30辺りからの書き起こし。

 

ジュ「でも、あったじゃないですか。和解みたいなん。」(いいとも最終回で、三村がスピーチし、和解)。

 

三村「その前に、当時、ノリタケさんと俺、しょっちゅう飲むようになってんのね。でも、ノリタケさんがヒロミさんと仲良いから。」

 

ジュ「はい」

 

三村「気を遣って最初は、さまぁ~ずで仲良くなってるから、大竹がいる時は、ヒロミさんが来るらしい、どうやら。」

 

ジュ「はい」

 

三村「でも、俺がいる時は、来ないらしい。だから、大竹から言ってるんだろうね。『三村、ホントにダメだから』って。」

 

ジュ「へ~」

 

三村「で、ハワイの正月休みで、ノリタケさんが『三村、そろそろヒロミ良いんじゃない?』ってノリさんが、あんな口調で言った時に、ヒロミさんと喋って。」

 

ジュ「はい」

 

三村「ヒロミさんが、多分、罪の意識がどこにあるか分からないんだろうけど、『なんか色々あって、ごめんな』くらいで。俺の中では、エジプトの深い闇みたいなのがあるけど、「全体的に、キツかったですよ、ヒロミさん当時」みたいなの言って、和解。してからの、いいとも。」

 

ジュ「へ~。そっから番組一緒になってるんですか?」

 

三村「なってない。」

 

ジュ「ヒロミさん、呼びます?」

 

三村「ええ?!いい、いい。今日はいい。」

 

ジュ「ちょっと電話してみますね」

 

三村「え?いいよ・・・」

 

ジュ「(ヒロミに電話中)あ、おはようございます。この間は、ありがとうございました。ヒロミさん、突然すみません。以前、ヒロミさん淳と飲みはったじゃないですか?『ロンハー』で。アレで、今、三村さんと飲んでまして。それで、ヒロミさんの話になったんですよ。その流れで、失礼ながら、連絡させていただいたんですけど、もちろん、お忙しいですよね?…ホンマですか?ホンマっすか?今、恵比寿です。」

 

三村「来んの!?」

 

ジュ「(ヒロミに電話中)突然、すみません。失礼します。」

 

ジュ「多分、飲んではりました。今、すぐには無理やけど、と。」

 

三村「いい、いい。じゃあ、帰ろう帰ろう(笑)」

 

ジュ「店出たら、ちょろっと顔を出すのは良い」

 

三村「ただ、ギクシャクはしないけど、真相みたいなのは、一生、闇の中なのよ・・・。おまえやだなあ!そこ突いてきたら。」

 

ジュ「ふふ(笑)だってエジプトの夜は、開けておいた方が良いですって。」

 

三村「パンドラの箱?」

 

ジュ「パンドラは。」

 

三村「キャ~、怖い。」

 

 

~しばらくして~

 

 

ジュ「(ヒロミと電話中)もしもし。いえ、まだ飲んでます。店の名前とかは、今からメールで送らせていただいて良いですか?すみません、突然。ありがとうございます。」

 

ジュ「ヒロミさん、来はりますよ。」

 

三村「来るんだ・・・。」

 

 

 

ってな感じ(・∀・)

 

ジュニアさん、なかなか男前なことしてくれますね~!^^

 

 

ヒロミ登場。和解へ。

7:20辺りから。。。

 

 

~ヒロミ登場~

 

ジュ「すみませんヒロミさん!ありがとうございます!」

 

三村「ちょっとね、ジュニアがね、俺とヒロミさんを会わせたいって言うんですよ。」

 

ヒロミ「どーせあれだろ?また悪口でも言ってたんだろ?(笑)」

 

三村「いや悪口は言ってないですけど、ヒロミさんにやられた時代があるってことですよ。」

 

ヒロミ「時代は…そういう時代があるさ。」

 

ジュ「それを言ってたんですよ。それを全部、吐露した方が良いって。」

 

ヒロミ「今、ノリちゃんと藤井フミヤと飲んでて。こんな時にもうしわけないけど、俺、誕生日だったんだよ。」

 

三村「あ、おめでとうございます。」

 

ヒロミ「それで、ノリちゃんとフミヤが、祝ってくれてたの。まあもう50だからね。」

 

ヒロミ「俺、凄い可愛がってたから。バカルディ(現さまぁ~ず)をね。ただ、先輩が面白がってて、後輩が凄い嫌がってるっていうのって、面白いんだけど、やられてる方は、ツライんだよな(笑)」

 

ジュ「はい。笑」

 

ヒロミ「色んな番組やってて。その後、時代がボキャブラの時代になっちゃったからな。」

 

三村「そうです。」

 

ヒロミ「俺の中では、『なんで散々、(『ボキャブラ天国』に)呼んでるのに出なかったのか』って。」

 

ジュ「それはね、理由があるんですよ。」

 

三村「無いよ!」

 

ジュ「ありますよ。エジプトの。」

 

ヒロミ「ああ、行ったね。」

 

三村「エジプトは、正直、キツかったです。」

 

ヒロミ「エジプト、行ったね。」

 

ジュ「ウサギの肉が出てきたんですって。それで、『とりあえず俺らが食う前に、三村、食え』って。」

 

三村「それで、『食ってみましょうか』って食ったりしてみたら、リアクションがイマイチだったのか、『なんだよ、お前。なんか竜ちゃんとかの方が良かったな』ってヒロミさんが言ったのが、焼き付いて。」

 

ヒロミ「ああ、そうね。思い出した、思い出した。」

 

三村「エジプトのこと、ジュニアに初めて言ったんですよ。」

 

ヒロミ「それが、多分、お前とやった最後の仕事だよな。」

 

三村「そっから、“ヒロミさん、ダメかも”って思ったんですよ。」

 

ヒロミ「それは申し訳ないな。その時俺はまったくあれだけど(悪気はないけど)なんかそれは申し訳ないね。」

 

ってな感じ(・∀・)

 

三村さんがヒロミさんに初めてNGの理由を言ってみたんですね~。

 

 

ヒロミさんも自身の非を認めていますね。

 

三村・ヒロミの和解

ヒロミ「俺、だから結構、気にして観てたと思うんだよね。内村と一緒になってやって。内村みたいなタッチというか…」

 

三村「やり方というか。」

 

ヒロミ「内村のやり方が、バカルディには合ってたんだなぁ、とかさ。俺のやり方は、こうちょっと違ったんだろうなあとかさ。自分でもほら、多少先輩ヅラして、後輩とかをさ、どうにかしてやりたい、とかね。色々振ったりとかしてたつもりだけど、生かしたのか殺したのかよく分からないところがあるんだよな、俺も。」

 

三村「そういうとこですよ、だめなのは」

 

 

~現場はなごやかに~

 

 

ジュ「すみません、ちょっと便所行ってきます(席を外す)。」

 

三村「…そうですか、50ですか。」

 

ヒロミ「えっお前、いくつ?」

 

三村「47です。」

 

ヒロミ「年とりますよ。」

 

三村「ねぇ。」

 

ヒロミ「でもお前と仕事してないからね。俺もまた出るようになってきて、仕事してない人って、あれ?さまぁ~ずくらいかなあって。」

 

三村「そうですね。なかなか会わないなぁ、くらいの感じだったんで。まあ、今日、良かったです。今日これ、共演ですよ。」

 

ヒロミ「ああ、そうね。…まあまあジュニアも気を遣ってのことだろうけど。」

 

三村「ジュニアが、今回、ちゃんとやってくれたというか。…すみません、ありがとうございました(乾杯)。」

 

ヒロミ「いやぁ…」

 

三村「俺も頑張ったでしょ?」

 

ヒロミ「いやぁ、頑張ったね。」

 

三村「頑張りましたよ。」

 

ヒロミ「で、ていうのは普通に、「バカルディ良かったな」とか「ちゃんと出てるんだなぁ」とかね。ふつーに思ってたんだよね。」

 

 

~ジュニア戻る~

 

 

三村「…俺、ヒロミさんを発奮として、芸能界頑張ろうって思いましたからね。」

 

ジュ「あの一言がデカイですよね。」

 

三村「エジプトから帰国して、カミさんと2人で、俺、ちょっと号泣して、なぜか桑田さんの『TSUNAMI』を歌って、そっから生き返ったように仕事をしたんですよ。」

 

ヒロミ「良いね。」

 

三村「良いねって(笑)」

 

ヒロミ「思うんだけど、嫌なことってやっぱ必要なんだよ。やっといてこんなこと言うの何なんだけど・・・。やっぱ嫌なこととか、ツライこととかさ、悔しいとかね。絶っっ対に必要なんだよ。俺だってあるんだから、発奮は。」

 

ってな感じ(・∀・)

 

ジュニアさんの「ちょっと便所へ・・・。」は最高にかっこよかったです・・・。

 

共演を誓う

ヒロミ「俺はもう、あの、帰るから。」

 

三村「帰りましょうか。」

 

ジュ「ありがとうございました。本当に。本当にありがとうございます。」

 

三村「ありがとうございます。」

 

ヒロミ「いつか三村、番組やろうな。」

 

三村「そうですね、普通に。普通にやりましょう。」

 

 

~ヒロミ退出~

 

 

ジュ「…でも覚えてはりましたね、エジプトから仕事してないって。」

 

三村「覚えてたね。」

 

ジュ「なんかやっぱりあったんでしょうね。」

 

三村「加害者にも歴史ありだね。」

 

ジュ「加害者にも歴史あり(笑)」

 

ってな感じ( ;∀;)

 

 

なんだか感動してしまったではありませんか!

 

ヒロミさんが最近テレビ復帰ということで、なにかと話題ではありますが、これから楽しいことになりそうですね!

 

今後の芸能界全体にも注目であります!

 

前の記事:
ヒロミ、三村との共演NGはエジプトでのロケが原因。その番組名は?

 

 

ということで、
ヒロミ、三村との共演NGはエジプトでのロケが原因。その番組名は?でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

でわ~。

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

サブコンテンツ

このサイトの価格!

このページの先頭へ