ゆず・北川悠仁、母親が宗教「かむながらのみち」の教祖ってホント?

スポンサーリンク

北川悠仁さんといえば、ゆずのリーダー。高島彩アナと結婚したことでも世間を騒がせましたね~。

 

 

実は、お母さんが宗教をしていることでもよく知られています。でも、具体的にはどんな宗教なのでしょうか?気になったので、いろいろ調べてみました。

 

 

今回、
・北川悠仁、プロフィール
・母親が教祖?
・「かむながらのみち」ってどんな宗教?

 

こんな感じで参りましょう・・・。

 

スポンサーリンク

北川悠仁、プロフィール

imga6057412zikazja

北川悠仁
出生名:北川悠仁
出生:1977年1月14日
年齢:38歳
出身地:神奈川県横浜市磯子区
学歴:横浜高等学校
ジャンル:J-POP、フォーク
職業:ミュージシャン、歌手、俳優
担当楽器:ボーカル、ギター
活動期間:1997年 –
レーベル:セーニャ・アンド・カンパニー

引用:wikipedia-北川悠仁

 

母親が教祖って?

o0480034212730047248

 

ずの北川悠仁さんの母親は北川敬子さんといいます。

 

北川敬子さんが宗教家で、教祖であるという話はよく聞きますが本当でしょうか。

 

 

調べてみると、お母様は11歳のころに宗教法人解脱会に入り、1999年の2月に離れています。

 

そして、同年の5月に『かむながらのみち』という宗教を立ち上げ、今も教祖として活動を続けているようです。

 

宗教団体として活動をしている時には自身の名前を慈敬(じけい)と言っています。

 

 

お家も多くの信者を迎い入れることができるように、2億近い金額の大豪邸を建てたそうです。

 

そこまでのお家を建てることができるということは、信者も数も相当なものではないでしょうか。

 

さらになんと、宗教家としての活動だけをしているのだと思ったのですが、その他にも北川精密工業やETLジャパンの取締役でもあります。

 

 

ん~~~。なんか凄い人ですな。。。

 

 

2億円近い大豪邸を建てれたのも頷けますね。

 

「かむながらのみち」ってどんな宗教?

pc221737_p

 

は、「かむながらのみち」とはどういう宗教なのでしょうか。

 

ちょっと難しいハナシっぽくなりますが、がんばって説明してみましょう・・・!

 

 

「かむながらのみち」は漢字にして「神ながらの道」と書き、一般には神道のことを意味するのだそうです。

 

神仏和合の精神を基本としています。

 

ホームページも作っていて、その中で「かむながらのみちとは、人と大自然の法則が一体となり、この世で生きていく命の道」と言っています。

 

ちなみに、信者の数は1000人以上と言われていて、思っていたよりも大規模。

 

宗教としての年間行事を見ても、1年を通して供養やお祓い、神例祭をしていて、名ばかりの宗教とは全く違います。

 

また、「かむながらのみち青年部」という集まりがあり、5歳から40歳までの男女が伊勢神宮への巡拝や夏合宿、和太鼓などの活動を通してかむながらのみちを広めています。

 

 

かむながらのみちの総本山は山梨県の身曾岐神社で、北川悠仁さんと高島彩さんが結婚式を挙げたことでも有名です。

 

結婚式以外にも、それまでにゆずのライブを行ったり、「ゆず絵馬」や「幸福ゆず守」など、ゆずにちなんだものもあります。

 

ん~~~。けっこう立派です!

 

まとめ

北川悠仁さんのお母さんはすでに11歳から宗教に入っているので、宗教とともに歩む人生を大切にしているのかもしれませんね。

 

北川悠仁さんも今はゆずの活動を中心に行っていますが、時期が来ればかむながらのみちの教祖になるのかもしれません。

 

また、高島彩さんとの間に生まれた女の子も信者の方々にお披露目をしたとか…。

 

もしかすると、子育て方法などにもかむながらのみちの考えが反映されるのかもしれませんね。

 

 

ということで、
ゆず・北川悠仁、母親が宗教「かむながらのみち」の教祖ってホント?でした。

 

最後に気になる動画もどーぞ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

サブコンテンツ

このサイトの価格!

このページの先頭へ