佐々木健介、過去に殺人した噂も因果応報って?達筆っぷりや元弟子のヤバイ話?

スポンサーリンク

佐々木健介さんは鬼嫁こと北斗晶さんの旦那様ですよね。

 

乳がんの手術を無事に終えた北斗晶さんを心身ともに支えています。

 

そんな佐々木健介さんに過去の殺人をしたなんて噂が…。

 

達筆ぶりや元弟子の話なども調べてみました。

 

今回、
・佐々木健介、プロフィール
・殺人をした過去って?因果応報ってどういうこと?
・達筆っぷりが話題?
・元弟子が佐々木健介の裏の顔を暴露?

 

それでは参りましょう・・・。

 

スポンサーリンク

佐々木健介、プロフィール

newswalkerpluscomarticle39768203983_615jpg

佐々木 健介(ささき けんすけ)
リングネーム:佐々木 健介
パワー・ウォリアー
ケンスキー佐々木
マスクド・ボルケーノ
本名:佐々木 健介
ニックネーム:マッスルボルケーノ
身長:180cm
体重:115kg
誕生日:1966年8月4日
年齢:49歳
出身地:福岡県福岡市南区
所属:ダイヤモンド・リング
スポーツ歴:柔道
トレーナー:長州力・マサ斎藤
デビュー:1986年2月
引退:2014年2月11日

引用:wikipedia-佐々木健介

 

殺人をした過去って?因果応報ってどういうこと?

7c9ff8c4

 

 

々木健介さんが過去に殺人を犯したという噂が流れています。

 

1995年に権瓶広光さんという男性がプロレス道場の練習中に脳挫傷で亡くなるという事故が起こっています。

 

権瓶さんは元々専修大学のアマチュアレスリング部出身で、事故の1週間前に入門したばかり、しかも22歳という若さでした。

 

事故の起きた合同練習のコーチは佐々木健介さんで、『RING OF HELL(クリス・ベノワン著)』には練習を乗りきれない権瓶さんに対して佐々木健介さんが激怒し、何度も投げ技を繰り返した結果脳挫傷になったと書かれています。

 

権瓶さんは救急車で病院に運ばれたが4日後に亡くなったそうです。

 

 

葬式の日、一番泣いていたのは佐々木健介さんだったため、それも『かわいがりをしたせいなのでは…』と囁かれたと言います。

 

週刊文春が佐々木さんに事故のことを確認しているのですが暴行や過ぎたシゴキは否定していて、『権瓶が亡くなったことは忘れられない辛い想い出』だと話したそうです。

 

 

また、権瓶さんの母親は佐々木さんを責めるどころか応援しているのだとか。

 

おそらく、暴行を匂わせるようなあざや腫れなどが見当たらなかったのではないでしょうか。

 

一体どういう練習をしていたのか、それは合宿に参加していた練習生しか分からないそうです。

 

 

妻である北斗晶さんの乳がんに関して、『因果応報』と言われているのはこの事故のことがあったからでしょう。

 

佐々木健介さんの悪事が本人にではなく、大切にしている存在に降りかかってさらに苦しめられていると考えている人がいるようでした。

 

 

達筆っぷりが話題?

blog_kensuke_pre

 

である北斗晶さんが乳がん摘出の手術を受け、術後の様子を佐々木健介さんが直筆でコメントしているのですが、その字が達筆だと話題になっています。

 

こんな感じ。

佐々木健介の直筆のFAX

 

 

達筆。(・∀・)

 

 

これはたしかに上手ですね!

 

 

でも、あまりの達筆ぶりに『本当に佐々木健介さんが書いたの…?』なんて思ってしまう人が多いようです。

 

そこで調べてみると、どうやら間違いなく佐々木健介さんが書かれているようです。

 

 

事務所のスタッフの人が『いつもはあれほどきれいには書きません。でも、ファンにサインをするときなどはしっかり丁寧に書いてます。特に今回は頑張って書いてましたよ』と話していたそうです。

 

きっと妻を支えて家族を守るという気持ちがこもっているのではと思います。

 

 

元弟子が佐々木健介の裏の顔を暴露?

ken_4_pic02

 

々木健介さんの元弟子である男性が自身のブログで佐々木健介さんの暴行を暴露しています。

 

北斗晶さんには頭の上がらない佐々木健介さんですが、『シゴキ』や『イジメ』の悪評は業界関係者やコアなプロレスファンの間ではよく知られていたそうです。

 

 

佐々木健介さんに階段の踊り場に連れて行かれた元弟子の男性は、佐々木健介さんがあたりを見回して人がいないことを確認すると思いっきり殴りかかり、髪をわし掴みされてコンクリートの壁に頭を打ちつけられ、男性は倒れてしまいます。

 

しかし佐々木健介さんから『立てコラッ!』と言われたため立ち上がると、今度は頬に3発ビンタされ、お腹に蹴りを1発、そして襟元を掴まれながら怒鳴り散らされたそうです。

 

佐々木健介さんのシゴキは弟子に対する愛情などではなく、殺人の域に達すると言われています。

 

 

男性は健介オフィスを退団を決意し現役続行を希望していたのですが、健介オフィスは勝手に引退扱いで発表し、マスコミもそれにならってこぞって引退と報道しました。

 

これは一種の圧力だとも言われています。

 

しかし男性は退団後も現役プロレスラーとして活動を続けているそうです。

 

テレビで見ている佐々木健介さんと、弟子やプロレス関係者たちが知る佐々木健介さん、ギャップが相当あるようでした。

 

 

まとめ

調べれば調べるほど、ニコニコしながらお嫁さんのそばに大人しく立っている姿からは想像できないほどの出来事があり、驚くばかり。

 

テレビで見る佐々木健介さんはただのキャラなのかな…となんだか複雑な心境になってしまいました。

 

何かあるたびに『因果応報』という言葉がずっと佐々木健介さん家族にまとわりつくのかもしれません。

 

 

ということで、
佐々木健介、過去に殺人した噂も因果応報って?達筆っぷりや元弟子のヤバイ話?でした。

 

最後に気になる動画もどーぞ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

サブコンテンツ

このサイトの価格!

このページの先頭へ