紗栄子、ダルビッシュ有との子供が障害?学校やTwitterでの写真画像?

スポンサーリンク

紗栄子さんのといえば、ダルビッシュ有さんと離婚をしましたが、ふたりの間には子供が2人生まれているんですね。

 

どうやら、その子供の次男が障害もちだとの噂があるのですね。また、子供の小学校やTwitterであげられたであろう子供の写真画像も紹介してみましょう。

 

今回、
・子供がダルの子じゃない説?学校は?
・次男に障害がある?
・長男は野球ではなく、サッカー少年?

 

それでは参りましょう・・・。

 

 

スポンサーリンク

子供がダルの子じゃない説?学校は?

栄子さんには2人の子供がいますね。

 

長男・蓮くん(れん)と、次男・塁くん(るい)。

 

2014年現在で6歳と4歳だそうです。

 

 

写真画像だとこんな感じ。。。

ec2d522b

 

 

 

で、ネット上で噂になったのが「次男はダルビッシュの子供ではない」説。

 

確かに長男はダルビッシュ似。イケメン。

 

次男はダルビッシュには似ていないようにも見えます。それどころか、紗栄子さんが雇うベビーシッターに似ているとのウワサが。

 

 

画像でチェックしてみましょう・・・。

 

ベビーシッター

 

 

 

次男

 

 

 

似ている・・・?か?

 

でも確かに似ているかも。。。

 

この次男がベビーシッターに似ている件。結構、知っている人は知っていて有名なことらしい。

 

でも実は冷静にヤバイことなんじゃ・・・?

 

ネット上の反応は・・・。
「DNA鑑定しろよ」「ダルやっぱり女運ないな」「今も男遊び激しいんでしょ」「腐れビッチの鏡」と、穏やかではない様子。

 

まあこれがもしそうなら、これだけ叩かれても「同情の余地なし」って感じですよね。

 

もちろんただの噂なんでしょうが・・・。そう信じたいのですが・・・。

 

さらに紗栄子さんのブログにも長男ばかりが登場して、次男はあまり載っていないらしいです。

 

 

で、子供の通っている学校はインターナショナル系らしいですね~。

 

どこかはわからないのですが、都内だという噂や、紗栄子さんの実家のある宮崎県だとも言われていますが、はっきりとは知られていません。

 

ちなみに紗栄子さんは英語しゃべれないみたいですね~。

 

 

次男に障害がある?

は、次男に障害がある?と一部ネット上で話題になっていたんですね。

 

しかし、真実の公表はないのですね。

 

でも何らかの病気、身体の調子が良くなかったのは事実のようで、手術をしたのだそうです。

 

 

どうやら「心臓手疾患」の手術のようで、結果は無事成功とのこと。他人事ながら、ホッとします。

 

と、心臓の手術をしただけで、障害があるのかどうかは真相はわからないのですね。

 

ひとまず手術をしたと聞いた人が「障害をもっているから手術したんじゃね!?」と広めたものと思ってよいでしょう。

 

 

「てんかん」や「ダウン症」との噂がでているようですが、これらはどうやらガセのようです。

 

そもそもなんでか解らないのですが「芸能人の子供」というだけで、ダウン症疑惑が広まることが多すぎるのです。

 

本当に意味不明。(・∀・)

 

これは華やかな芸能人がさらに幸せになっていくのが妬ましくて、嫌な噂を流している場合もあるようですね。

 

 

長男は野球ではなく、サッカー少年?

 

42f7f36057c24c76162aaf15b6036ce5_23348

 

男・蓮くんはどうやらサッカークラブに通っているらしいですね。

 

昨年2013年、長男が「サッカーをやりたい」と言い出したんですね。紗栄子さんは「パパと同じ野球じゃないの??」と慌てて問いただしたといいます。

 

なんでも、長男が通うインターナショナルスクールの友達に誘われたんだとか。

 

そこで紗栄子さんはサッカークラブを探して、さあ入会手続きを。。。って時に、長男「やっぱりサッカーしたくない。」

 

これには珍しく紗栄子さんも激しく叱ったようです。「入りたいって言うからせっかくママがみつけてきてあげたのに!」と切り出したらしい。

 

結局はサッカークラブに通い始めたというから、なんだかな~。といった感じですね。^^

 

 

ということで、
紗栄子、ダルビッシュ有との子供が障害?学校やTwitterでの写真画像?でした。

 

最後に気になる動画もどーぞ^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

サブコンテンツ

このサイトの価格!

このページの先頭へ