明石家さんまが引退しない理由!弟の死因や壮絶な生い立ち?

スポンサーリンク

明石家さんまさんは『今やお笑い界に必要不可欠な人物』と言えるくらい実力を持った芸人さんです。

 

その人気は留まるところを知りません。いつも面白おかしく私たちを笑わせてくれる存在ですが、実は生い立ちがすごいのだとか…。弟さんの死や引退についてもスポットを当てていきます。

 

今回、
・明石家さんま、プロフィール
・弟がいて、死去していた?壮絶な生い立ちって?
・引退しない理由がある?

 

それでは参りましょう・・・。

 

スポンサーリンク

明石家さんま、プロフィール

73875_201003020729755001267496488ca

明石家さんま(あかしや さんま)
本名:杉本 高文(すぎもと たかふみ)
ニックネーム:さんまさん、さんまちゃん、さんちゃん、若、眠らない九官鳥、お笑い怪獣
生年月日:1955年7月1日
年齢:(60歳)
出身地:奈良県奈良市
(和歌山県東牟婁郡旧古座町出生)
血液型:B型
身長:172cm
方言:関西弁
最終学歴:奈良県立奈良商業高等学校
師匠:2代目笑福亭松之助
出身:吉本興業東京本社
活動時期:1974年 –
同期:関根勤/島田紳助/オール阪神・巨人/桂小枝
配偶者:大竹しのぶ(1988年-1992年)
親族:IMALU

引用:wikipedia-明石家さんま

 

弟がいて、死去していた?壮絶な生い立ちって?

んまさんのお母さんは、さんまさんが3歳のときに病死しているのだそうです。

 

そして小学校高学年になったときに父親が再婚したのですが、継母には子供が一人いて、さんまさんには歳の離れた弟ができました。

 

継母との関係は良好とは言えない状態で、継母は連れ子ばかりをかわいがっていたといいます。

 

隣の部屋で継母が『うちの子はこの子(連れ子)だけや…』と言う声が聞こえて、2段ベッドでお兄さんと二人でよく泣いていたそうです。

 

その継母に振り向いてもらうためにさんまさんはあの手この手で継母を笑わせようとしていたのだとか。

 

それがお笑いの第一歩となったのだと言います。

 

継母とは難しい関係が続いたのですが、連れ子である弟とは良い関係だったのではないでしょうか。

 

 

さんまさんは弟さんについて、

『ぼくのことを、昔から、すごく尊敬してくれるやつでね。ぼくがいうことは、すべて正しいと思っていたみたいですよ。自分にも、それから他人にも、素直に自分をさらけだせるやつでしたね。ぼくもサッカーやったけど、チビのほうがすごいんですよ。』

と話してます。

 

 

なんと弟さんはサッカー部のキャプテンを務め、インターハイにも出て国体選手にも選ばれたのだとか!

 

サッカー好きのさんまさんはテンションが上がったのではないでしょうか。

 

 

そんな弟さんですが、実は19歳という若さで実家の火事が原因で亡くなっています。

 

『大坂のぼくのマンションに遊びに来た時、今度のワールド・カップをふたりで一緒に観に行こう。キップはぼくが買っとくからって約束しとったのに…。まだ納得できません、あのチビが死んだなんて…』

 

この言葉から、弟さんの死がさんまさんにとってどれだけショックだったかが分かるのではないでしょうか。

 

もしかすると、サッカーの試合を見ているときに弟さんのことをふっ…と思い出しているかもしれませんね。

 

 

引退しない理由がある?

c8b3d8ac87337ca7829f45d56cfe7ffa_400x400

 

んまさんと言えば、以前から『60歳で引退する』と言っていましたよね。

 

で、2015年7月にめでたく60歳になったのですが、もちろんのことながら引退する気配なんて微塵もありません。

 

あれだけ60歳引退を叫んでいたのに、ただの冗談だったのでしょうか?

 

 

60歳引退発言の裏には『ベテランがいつまでもいたら若手にチャンスが回らない』という後輩への想いがあったと言います。

 

しかし、吉本興業は現在経営が悪化していて苦しい状況に陥っているため、収益の1/8を稼いでいるさんまさんには辞めてほしくないというのが会社の考えなのだとか。

 

さんまさんは『先代社長である林氏には世話になったけど、現在の社長にはお世話になっていないから好きなときに辞めさせてもらう』という発言もしていたのですが、吉本興業自体には感謝しているのでなかなか辞めれる状況ではないと判断しているようです。

 

『いつでも好きなときに辞めさせてもらう』という発言の裏にも、『若手をしっかりと育ててほしい』というさんまさんから会社への気持ちが込められているのだと言います。

 

もし、本当にさんまさんがあっさりと引退することがあるなら、そのときはさんまさんの目から見て『吉本はもう大丈夫だ』と思えたときなのかもしれません。

 

 

まとめ

明石家さんまさんの生い立ちや弟さんのこと、そして引退についてまとめてみました。

 

生い立ちや弟さんのことについては初めて知ったので、とにかく驚くばかり。

 

あんなに笑顔の裏には悲しい生い立ちがあったんですね…。

 

調べている最中から涙・涙でした。明るくしている人ほど、影も暗いんですね。でもやっぱりさんまさん面白いっ!!!心の底から応援してますっ!!!!

 

 

ということで、
明石家さんまが引退しない理由!弟の死因や壮絶な生い立ち?でした。

 

最後に気になる動画もどーぞ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こちらもみています。

サブコンテンツ

このサイトの価格!

このページの先頭へ